眼鏡ノ奥山のメガネの検品についての説明画像その1研磨作業風景

検品について

 

眼鏡ノ奥山のメガネは全て、自社工房で

セルロイド板から眼鏡職人が手作業で

フレームを作り上げているため、より緻密な

微調整・仕上げ作業を経て眼鏡を発送いたします。

 

【検品(仕上げ作業)内容】

 

・フレーム全体の歪み補正

 

・スレ傷を取る仕上げバフ研磨

 

・洗浄

 

・拭き上げ

 

・箱詰め

 

 

メーカー直販だからできる強み

 

~御教示いただいた寸法に合わせてのフレーム調整~

 

お客様より御希望がある場合は、現在お掛けになっている眼鏡のサイズに合わせて調整後に、

発送いたします。

御注文確定後に毎度下記の画像をお送りして、御回答をお願いしております。

眼鏡ノ奥山の予備メガネの採寸箇所のご連絡画像
眼鏡ノ奥山の予備メガネの寸法採寸箇所についてのご連絡画像

メガネが溢れかえっている時代になり、使い捨てのように扱われるものから高価でスタイリッシュなものまで様々ですが、眼鏡の原点に戻ると、「掛けやすい」は必須条件です。

 

ただ単に骨太でインパクトのある眼鏡フレームは他のメーカーさんでも製造しております。

 

直接メーカーまでオーダーをいただき、御来訪が不可能なお客様は計測していただいた数値を基に調整をしてお送りするというのは、現時点で私共のWEB販売でご提供できる精一杯のサービスだと考えております。

 

現在、ある程度柔軟に可動するテンプルの開発を進めておりますので、引き続き眼鏡ノ奥山を御期待いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

出荷前検品やサイズ調整についてご質問がございましたら、下記のフォームからご連絡いただくよう、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせいただき有難うございます!後ほど眼鏡ノ奥山よりご連絡を差し上げます。